あなたの質問箱を作ってみませんか

吉田正樹氏が言っていたが最近のM1はテクニックの品評会になっていた。センスを競う場所が好ましい。音楽の世界でもそうです。最後はセンス、魅力が勝ちます。サザンや椎名林檎、フジコフエミング、SMAPを上手いで評価しない。テクニックを競う会は衰退してしまう。落語も上手い人ではなく魅力。

関連記事

31件のコメント
志らくさんの影響か、今回は審査員の評価基準がはっきり見えるM1でした。プロの様々な見方も味わえて満足度の高い大会でした。敗れてしまった各組にとっても次のステップに進めるような充実したものだったのでは?
落語も上手い人ではなく魅力⁉
なるほど、音楽に置き換えてくれるとすごい腑に落ちた。 うまいだけじゃダメだな確かに。
お笑いの人がお笑いのことを音楽で例えちゃうってすごいな しかもピントがずれてるんだから割と救いようがない
テクニックは表現のための手段であって目的ではない、と思う
M-1の未来、お笑いの未来のための審査。これに違和感感じた人、理解できない人が大多数。視聴者。そしてプロ側にも。ただ最高の大会だった。全組素晴らしい漫才師。
吉本は鍛えられてるなぁと、思いました。いろんな面で。ファン向けのライブ以外でも、叩かれてるなぁと。ただ、形が似てくるようなかんじも否めない。
すごく分かる気がします。
お笑いの事は良く分からないですが、正直、最近の漫才はほとんど自分は笑えないです。世代ギャップを感じるのはお笑いだけだなー。しかし、音楽のコンクールもテクニックにプラス、魅力という部分を評価したいな~。なんといってもステージプレイヤーになるわけですから。
これはあれだな、和牛をディスってるな
ただ過渡期なだけだと思う。
これはテレビ作りも一緒なんだろうな。
その結果、変な顔して変な動きして騒ぎまくった人が優勝するわけか。
僕的に歴史プレゼンもセンス重視です。
テクニックが上手い方が伝わりやすいということに関しては異論はない。 しかし。M1決勝のレベルではそれは全員ある。 そこから先、伝わった後。 M1決勝という最高峰の舞台。 伝わりやすさよりも、いかに魅力的か。 是非ともそこに重きを置いていてほしい。 志らく師匠、ありがとうございました。
うーん、なぜテクニックを競う大会がいけないのか?センスを競う場所が好ましいというけど、『M-1』でなく別の大会で競えば良い話。島田紳助氏はテクニックや構成力を重視していた印象が強い。 引退前に立ち上げた『THE MANZAI』が、技術だけでないセンスなどを競う大会を目指していたとしたら……。
あ、でも…たしかに甲本ヒロトもだし、エレカシもそうだよね?
ユーミンが年齢重ねても衰えないのは 「センスが評価されている」からでしょうか
ダンスもだけど色んなことに当てはまるね。 僕はこの方の審査コメントすごく頭に流れ込んできて心地よかったです。
志らくさんの審査が賛否を呼んでるのは、審査基準がどこかとかそんな話じゃなく、その基準を演者や視聴者にわかりやすく伝えられてない点だと思うんだけど。
それで志らくさんのセンスを押し付けられてもなあ
すごく金言だな。と思うと同時になら同業者の審査だと技術に向きがちだとも思うな。 じゃあTHE MANZAIのほうがよかったのかと言われるとそれまた疑問。
頷けるけど フジ子・ヘミング 表記じゃダメなのか。落ち着かない。
志らく師匠がジャルジャルに99点、トム・ブラウンに97点と高得点を付けたのにはシビれました❣️ かまいたちに対するコメントも腑に落ちて納得です これからもセンスある人達が世に出て活躍するのを期待しております
志らく師匠の落語は先月のシブラクの「芝浜」が初めてで、そのとき志らく師匠の「魅力」を感じました。落語初心者すぎてうまく言葉にできないのだけど…でも今でもあのときの衝撃が忘れられない。また聴きたい。そしてここに椎名林檎の名前があって嬉しい。
センスを競い合わせるのも、評価するのも困難だから、結局は技術の評価になるのだろうね。それゆえ、審査員の経験や価値観が多様であることと、ジャッジ構成のバランスが大事だと思う。ただ、サザンや林檎さんと、フジ子さんを並べるなど、音楽的なものの見方に関しては、志らくはセンスない。
志らくさんがおっしゃることはとてもよくわかる。私も技術・テクニックより、人間の魅力が何より好きです。・・なんだけどさ。正直みんな魅力的だし、一刀両断にするのは、もう少しだけ待って欲しい。
この人本当に良いこと言うよなあ

関連ツイート

現在のトレンド

おすすめツイート