あなたの質問箱を作ってみませんか

誰かが足を踏まれた時、「その足をどけて頂けませんか?」と痛みをこらえながら伝えても、「大袈裟だ」「我慢しろ」と言葉の矢が飛んでくることがある。でも、「その足どけようよ」と周りの方々から声があがったら、どうだろう。それが、生きやすい社会を少しずつ築くということなのだと思う。

関連記事

12件のコメント
飛んで来ないと思います。 普通、「申し分けありません」と足を退けますよね・・・。
足を踏みたくて踏んでいるやつはほとんどいないと思う。満員電車みたいなどうしようもない状況が悪いのだ。満員電車をなくそう、オフピーク通勤や在宅勤務しよう、正しいのはそういう声だ
この感じは、そのまんま今の政治❗ 安倍政権のやりたい放題の鹿馬❗ 日本のレベルが落ちているのは政府官邸から始まっている❗ 何か言えば「だから、何だってんだ」と安倍晋三が言うように開き直られる低レベル‼️
足なんか踏んでないのに「イタタタ、足踏まれた」って言って、 「足の指が折れた」だの「爪が割れた」だの「靴に穴が開いた」って「それぞれに慰謝料と賠償金よこせ」って絡んでこられたらどうだろう。 言いがかりに屈すること無く、強くあることが国家として大切なのだと思う。
この喩えの無理矢理感がハンパない。 足を踏んだ奴が「大袈裟だ」「我慢しろ」なんて言うか? それが日本だと言いたいのだろうが、まぁそんなあり得ないシチュエーションでしか日本を貶められないという事だろう。
教会とかモスクはどうやってどけるの?…。
どうなんだろう。「その足どけようよ」と言われた人に「大袈裟だ」「我慢させろ」と言葉の矢を飛ばす社会になっているのではないだろうか。少なくとも、そうした言葉の矢が飛んでくる覚悟は必要ではないだろうか。
そうですね 自分が生きている時代に またその場所に 関心が持って行動したいものです そうでなければ民主主義魔まもれませんね
なんで踏まれっぱなしなんだろうか。ずっと踏みっぱなしならお巡りさん呼ぼうよ。
さりとて、足の下に足を入れて痛がるやからも多数存在するのも事実です❗
安田さんの言葉に、いつも共感させられる。 強く、やさしい方なんだと思う。

関連ツイート

現在のトレンド

おすすめツイート