あなたの質問箱を作ってみませんか

そもそも「犯罪を犯した人の出演した過去作の封印」の意図があんまり理解できてないんだよな自分。犯罪を犯した人の戒めとして功績を封印したいのか、犯罪を犯した人を見て不快に思う人への忖度なのか、他にも沢山あるんだろうけどなんかこう腑に落ちる理由を見つけられない。

関連記事

11件のコメント
喜劇俳優ロスコー・アーバックルの出演したコメディ映画がとあるスキャンダル(実質冤罪)でほぼ全て封印どころか焼却された、という1920年代からスキャンダルに対する娯楽業界の過剰反応はなかなか収まらない。娯楽であるが故の世間の反発の激しさからなのかどうか。 ( ´ω`)y―~~~
建前の部分は色々あるだろうけど、本音の部分は「XXやらかした〇〇が出演している作品を放映するとは何事だ!」というクレームを受けたくないだけなんだと思ってる
けどさ、大麻や覚醒剤やっても普通に戻ってきて俳優やってる人もいる。 何故その作品は公開停止しないのでしょうね? いちいちクレームつけてくる面倒くさい連中の批判をかわすためだわな。
放送・放映、公開・上映する側がいちゃもんレベルのクレーム付けられるのが嫌だから過剰になってるってのが大きいと思う
同感です。それから、販売の再開って誰がどのタイミングで決めるかも知りたい。
スポンサーの"偉い"がなんとなくそう思うだけでやってる側面は割に強くて、人間のなんとなくそう思うに理由や原理の追求をしても徒労かなっていう諦めを自分は少し持ってる(それが観念として上位かはまた別)
苦情対応稼働対策でしょうなぁ。
昔の人が、「罪を憎んで、人を憎まず」という言葉を遺してくれたのに、現代人は人どころか作品さえも憎んでしまうのでしょうか?
ほんこれ。 なんのためやのん?
企業としては「お前の会社は犯罪者で稼いでいるのか。裏で支援もしてんじゃないのか」ってなクレームを回避するため以外の理由はないでしょうね。世知辛い。
スポンサー(NHKなら受信料払う我々)のお金が犯罪者に回らないように…って聞くけれど、それは契約とかでなんとかならんのかな?

関連ツイート

現在のトレンド

おすすめツイート