あなたの質問箱を作ってみませんか

@ib_3rd ホロ帯の位置は5千と区別のため多分動かせない。ミと中心下も同様。中心の透かしは千円との区別でずらしてる?
だいたいこういうのは、障害者が区別しやすいようにするため

関連記事

12件のコメント
なるほど 見た目デザインより機能を重視した デザインという事ね 確かに目の不自由な方だと 触って確認する位置変わると 困るもんね…
写真では分かりにくい、凹凸やホロの部分が気になっていたので、こういったまとめは助かります。 まぁ、発表と同時に、政府が率先して広報すればいいだけのような気もしますが😌
技術の粋が凝縮されてる感 すごく好き。
ホロには、外為法違反防止 (無申請で現金100万円以上の持ちだし) の金属も織り込んでるかも ;)
お札のデザインとか機能って、国家の威信もかかってるし、プレッシャーも相当だろうしすごいよねー👶
みんな文句言ってたけど、たぶんこれと同じ理由で、数字の印刷はほんの少し盛り上がっていて、1000円と10000円で書体を変えることで(ゼロの数を数えなくても)判別できるようになっているんだと思う。
世界最新の技術を、透かしたり触ったり睨んだりして早く眺めたいところ。
そもそも黄色い枠がずれてる気がする。真上の中心で配置が全体見ても中心でないように見える。触るためのギザギザ裏でも良くない?など、素人目でも結構あるな。
なんか色々大変やな…
この方の説明凄く分かりやすい。 フォントの統一感のなさも、念には念をってことじゃないかなーと。最新のホログラムが偽造されても意外とフォントでミスってたりとか、なんかまぁ罠は色々あった方がいいとか
複雑に規則性をあえてずらしつついろんな状況(いろんな人)向けに汎用に作られることがわかる説明!かっこよくて綺麗なだけがデザインじゃないんだね (でも数字はほんのちょっとだけ太い方がすきかな!)
私の言いたいことを余すのこと無くすべておっしゃってくださった。

関連ツイート

現在のトレンド

おすすめツイート