あなたの質問箱を作ってみませんか

そもそも「働き方改革」の認識が全然違うんだよな。

×帰れ、休めという「時短ハラスメント」

○経営者は「儲からない事業を見直し、ノー残業でも利益が出るビジネスをやる」「金払いを良くする」
管理職は「ムダな作業や非効率な業務フロー、業務配分等を徹底的に見直し、働きやすい環境を整える」

関連記事

9件のコメント
人の金でグリーン車乗ってるような集団に働き方を改革出来る様な能力は無い
仕事算(算数)ができない経営者多そうですね。 仕事算すらできないのに、会社経営なんてするからブラックになるんだとしか。
最近になってやっと経営者のレベルが会社に反映されることがよくわかった
で、それで浮いた時間分違う仕事入れて業務量増やすのがウチの会社です
KPIが間違っているに違いない。
全く。次は時短ハラスメントをどう撲滅するかだな…
意識高い系平社員、意識高い系バイトが経営者を甘えさせている側面あるよなあ。経営者や管理職がやるべきことであって、お前らが頑張るところじゃねえよ、ってことが多過ぎる。
マジでこれな!!業務配分が絶対におかしいんだよ。 仕事できる奴に全部放り投げて、仕事できないヤツがなんで定時で帰ってんの? 「それ私の仕事じゃないです」って言っても『協力』ちう名のもとに 仕事が回ってくる。意味わからん。
この「時短ハラスメント」、横行している職場が増えているような気が。。仕事量が増えてるのに帰れ、効率化しろ、といい、責任を個人に押し付けるパターン。社員のモチベーションが命なのにな…。

関連ツイート

現在のトレンド