あなたの質問箱を作ってみませんか

「亀喜妙々」1848年 歌川国芳
天保の改革の時代、役者絵が贅沢品として規制された。絵師たちは工夫をこらしその規制をかいくぐろうとした。

その一つ、亀を描き役者の顔にした。しかし当時もきもいと言われ売れなかった。

関連記事

11件のコメント
…何で、カメなのに、顔をヒトにすると虫っぽくなるのだ?
みゅーたんとたーとるず?けもなーのパイオニアかな…?
亀になりたい男の話って花輪和一先生だっけ?
これのスマホケース欲しい
ムカデ人間ぽい~~キモキモキモ~~。!。
確かにキモいわ(|||´Д`)
これはですね「当時もきもいと言われ」て正解だと思いますね。 例えば、現代でこれをやるなら「ジャニーズ」ですね。 三分割された絵を見比べると、判りすい様な構図になっていると思います。
なぜ描く前に気がつかなかった...
これは最高!現代ならかわいいと言われ売れる。

関連ツイート

現在のトレンド

おすすめツイート