あなたの質問箱を作ってみませんか

DV家庭で育った男性2人の会話。

「なんで奥さんを殴るんだ?」
「オヤジがおふくろを殴っていたからさ。そういうお前は、なんで殴らない?」
「オヤジがおふくろを殴っていたからさ」

どう育てられたかは選択できなくても、どう生きるかは選択できる。
いまの自分が、いまの自分を選択している。

関連記事

9件のコメント
注意が必要な時ってのは「自分がイッパイイッパイになって冷静さを欠いている時」。そういうときほど昔々に会得したスタイルが出てしまいがちだから、無意識に相手にDV行為を働いてしまったりする(それが「普通」だと体が理解してしまっているから)
常にとわれるのは、今どうするか なんだよな。
この違いの説明は簡単なことで、母親が子供にどう振る舞っていたかってこと。
これなんですよね… 子供が非行に走って「躾が悪い!」と親が叩かれがちなんだけど、 キチンと躾てたって、素行を選ぶのは本人。 学校の先生の息子だって万引きや虐めするし、ヤク中の父と男引っ張り込む母に育てられても、真面目に生きてる娘だっている。 …中には躾しない親も沢山居るけれど…
この二人の違いはなんなんだろう どこでこんな考え方の違いが出たんだろ
理由付けなんて、いくらでもできますよね☺
それでも殴りたい衝動は内から湧き上がるものらしい。素直に医者に相談して薬の処方をしてもらいつつカウンセリング受けてほしいけど、医療サイドの受け入れがなぁ。
うーむそうはいっても、良い父親のモデルの有無ってのは大きいのだ。無意識のレベルで子は親の真似をしちゃうのだ。

関連ツイート

現在のトレンド