あなたの質問箱を作ってみませんか

総合車両製作所にて修繕が進められていた、京急230形デハ236号が公開されました。ピカピカです!

関連記事

16件のコメント
昭和の初期、早川vs五島の地下鉄戦争の情勢によってはこの車両が銀座線に直通して「浦賀発浅草行き」として走ってたと思うとなかなかにしてこみ上げて来るものがある
…素晴らしい。最初と最後の両方の姿で鉄道会社自身に保存してもらえるのだから、湘南電鉄デ1形→(中略)→京浜急行電鉄デハ230形は本当に余生に恵まれた形式だなと思う。
綺麗になったなぁ えがった、えがった。
川口市の公園で朽ち果ててたのがここまで綺麗に再生されるとは.... 確か今みなとみらいで建設中の京急新本社屋に展示されるんだっけか?
川口で保存されていた時代、搬出寸前の同一個体 2017.5.7撮影 この頃デハ230は外板こそボロボロだったが、綺麗に修理された同車もいずれ見てみたいところ
小学生の頃の大師線はこの車両でした。 親にせがんで品川~久里浜のさよなら運転にも乗りました。 #京急
こんなに綺麗に修繕できるなんてすごいなぁ
琴電でしか乗ったこと無いから、京急に戻って見てみたいな🙋
京急230ほど幸せな私鉄車両は他に見当たらない。 カトーでも綺麗に保存されているし、ほんの15年前くらいまで現役だったと。
ほら、やっぱり旧型電車に艶あり塗装は正義だで
ほとんど新造?。ここまでするのが、凄く大変だったみたい。あとは本社入りが楽しみ…。
すっかり綺麗になって…というワケで、西川口時代を三段逆スライド(byハトヤ)で振り返ろう(写真は全て再掲)。
う~~仮台車がつまんな・・・・うげ!松葉スポーク!!!!!!
おっ、 報道公開された♪

関連ツイート

現在のトレンド

おすすめツイート